音楽の好き嫌いを話す時は注意

知り合いに勧められた音楽が自分の好みに合わなかったので、率直に感想を伝えたら、コンタクトがなくなったw

よくあることみたいですね。

自分を否定された気になるのだろうか。そういう話が出来ると思っていたのだけどそうではなかったなぁ。

なんでそういう話が出来るかと思ったかと言えば、私の好きなバンドをいくつか勧めた時には色々と感想を言っていたから。良ければ良いというし、気に入らなければそういうから。

なるほどー率直な感想を言う人なんだな〜これなら気を遣わず音楽の好き嫌いを話せそうだと。

これはどんなものでもありそうなことですよね。

映画の好みとかもそうだし。自分が気に入っているものは他の人にも良いと言ってもらいたいし、否定されれば気分は悪い。

しかし知り合いなら住むとこが違うからいいけど、同じ家に好みが全く合わない人同士が住んでいたら疲れそうです。

例えばして結婚して一緒に住むことになるとしたら、こういう部分をしっかり冷静に考えなければなぁ。

お互いに相手の好みを理解し合う余裕があるなら良いのだけど、なかなか難しいですね。
一方で自分だけが知っているとしたいアーティストなんてのもいますよね。自分のものだけにしたい、他には知られたくないという。

これは所有欲からくるのか、自分だけが知っているという「自分は素敵!」みたいな満足感なのかわかりませんけれど、そういう感情もあったりしますね。

人間の感情は複雑です。

今後は知り合いから音楽の話を振られたら要注意って感じです。なんとなくボカして答えるか。めんどいなぁ。「聞いた?」とかって感想求められるのイヤだなぁ。気に入ればいいけれど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加