集中力を高めるための二度寝と昼寝

仕事の効率を上げて集中力を高めたいなら二度寝と昼寝がおすすめだそうです。

二度寝はすることを前提として目覚ましをセットしておくとよいでしょう。二度寝の時間は10〜15分が適切。こうすることでストレスに対抗しやすい状態になるそうです。

昼寝は15分〜20分が適切。それ以上だと頭が重くなったり、スッキリするまで時間がかかるため逆効果。こちらも目覚ましなどを利用して時間をコントロールすると良いでしょう。

昼の眠気は14時〜16時に来るため、その時間に寝られればベストですが、昼の就業開始は13時からが多いので難しかったりします。そういう場合は昼休みに昼寝をしても効果はあります。

都合よく昼休みに寝られないとしても目を瞑るだけでかなりの疲労は取れると言われています。目は最も情報を得るためそれを遮断することで脳が休まるそうです。

効果があるなら習慣として取り入れたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加